ヘルペスを早く治す方法

ヘルペスを早く治す方法

ヘルペスには口唇ヘルペス、性器ヘルペスがあります。どちらも再発を繰り返す感染病となりますので、きちんと治さなければなりません。こちらではヘルペスの治療法や治療薬をご紹介しますので参考にしてください。

口唇ヘルペスと性器ヘルペスの違い

口唇ヘルペスという病気を耳にしたことはありますか。
口の周りに3~5mm程度の水疱の塊ができて痛みやかゆみ、発熱等の症状がある病気です。
これは単純ヘルペスウイルス1型というウイルスに感染しておこる病気で、日本人の50~70%の人が感染した経験があるといわれています。
人に感染するヘルペスウイルスは8種類あり、その中に単純ヘルペスウイルスが含まれています。
このウイルスは更に1型と2型に分かれており1型は体の上半身、2型は下半身に症状が出ます。
ウイルス1型は主に家族間で感染することが多く、水疱を触った手で触れたものから感染する接触感染なのでタオル等を共有して使用しないことが大切です。
1年に1回程度再発を繰り返す場合が多くみられます。
2型のウイルスに感染すると発症するのが性器ヘルペスです。
2型のウイルスは下半身の神経細胞に潜伏して性器等に水疱ができる性器ヘルペスとなります。
感染するとピリピリした感じや痒みや1mm程の水疱ができます。
痛みや発熱を伴うこともあり、症状が治まったと思ってもおよそ8割の人は再発するといわれています。
どちらも、一度感染すると体内の神経に一生の間潜伏し続けます。
ストレスや疲れが溜まって時など免疫力が落ちている時に宣布しているウイルスが暴れだして症状がでます。
口唇ヘルペスの原因であるウイルス1型は主に上半身に感染し症状がでますが、性行為によって性器に感染して性器ヘルペスの症状を引き起こすことがあります。
この逆のパターンが起こる場合もあります。
一度症状が出たことが人が性交渉をする場合は相手に感染させないように防止対策をとるようにしましょう。
症状が治まって完治したように見えてもウイルスは潜伏しているので注意が必要です。

コンジローマの治療薬を買う
○このサイトを見てヘルペスを治そう!
ヘルペスの種類と治し方
バルトレックスでウイルスの増殖を最小限に抑えて症状を軽くする